out

     
    初めてのロボットに最適!『α-Xplorer(アルファ・エクスプローラ)』を徹底解剖!!

    ロボットプログラミングキット α-Xplorer

    商品コード AXPL-NL
    希望小売価格
    販売価格

    円(税込)



    購入数

    計1万円(税別)以上ご注文で送料無料

    追加画像タイトル

    商品情報

    DAISEN製ロボットキットシリーズのなかでも『α-Xplorer(アルファ・エクスプローラ)』は、初めてのロボットに最も適した初心者向けロボットプログラミングキットです。

    本体はすべてFR-4基板で構成され、耐久性に優れた構造になっているため、長年に渡ってご使用いただけます。左右ふたつの反射センサーを搭載したセンサーボードは、本体とコネクター接続による脱着がワンタッチで行えます。前向きに取付けて衝突回避、下向けに取付けると落下防止やライントレースなどの動作が可能です。また専用のBluetoothモジュール(別売)を搭載することで、iPadを使用したプログラミングおよび無線通信が可能になります。

    α-Xplorer センサー 解説

    標準搭載センサー

    センサー部はコネクター接続なので、取付位置をワンタッチで簡単切替

    α-Xplorer センサー 解説

    ? CN1 赤外線反射センサー

    センサー部から赤外線を発射し、その跳ね返りを感知して障害物との距離を検出します。ただし障害物の材質や色合いによって赤外線の跳ね返り(反射)の量が変化するので、正確な距離を測定できるものではありません。

    ? CN2 赤外線反射センサー

    センサー部から赤外線を発射し、その跳ね返りを感知して障害物との距離を検出します。ただし障害物の材質や色合いによって赤外線の跳ね返り(反射)の量が変化するので、正確な距離を測定できるものではありません。

    プログラミングにはDAISENオリジナルアプリ『C-Style』を使用します。

    C言語をベースに弊社が独自に開発した『C-Style』は、マウスのみを使用した簡単な操作でプログラミングを行うことができ、[while]や[if]などをそのままアイコン化した、C言語の概念に直結した奥行きのあるアプリです。

    プログラミングソフト「C-Style」
    プログラミングソフト「C-Style」

    C-Style for α-Xplorer マニュアル

    α-Xplorerの仕様
    キット内容 メインボード / センサーボード / ギヤモーター : 2個 / モーターホルダー : 2個 / タイヤ : 2個 / ホイール : 2個 / ボールキャスター / 組立ビス
    CPU STM32F103
    インターフェース USB仮想COM : 1個 / I2C : 1個
    センサー 反射センサー : 2個
    電源 単三乾電池 3本(オプションで1本増設可能)
    寸法 90 x 130 x 54 mm
    重量 170g(電池重量含まず)
    対応OS WindowsXP以降(Bluetoothモジュール搭載版に限り、iOS10.0以降)
    ロボット比較表
    機種 α-Xplorer
    アルファ・エクスプローラ
    TJ3B
    ティ・ジェイ・スリー・ビー
    e-Gadget
    イー・ガジェット
    対象 初心者向け 中級者向け 上級者向け
    価格(税込) 8,800円 9,350円 13,750円
    組立時間 10〜15分 90〜120分 60〜90分
    CPU STM32F103 PIC18F2620 PIC18F2520
    寸法 90 x 130 x 54 mm 160 x 150 x 57 mm 140 x 185 x 80 mm
    重量 170g(電池重量含まず) 270g(電池重量含まず) 410g(電池重量含まず)
    主な特徴 ・反射センサーx2
    ・Bluetoothモジュール(別売)を搭載してiPadによる無線通信
    ・タッチセンサーx3
    ・ボールセンサーx1
    ・ラインセンサーx1
    ・タッチセンサーx2
    ・ボールセンサーx1
    ・ラインセンサーx1
    ・液晶ディスプレイ
    ・コア部とモーター部に分離
    C-Style for Windows

    C-Style for Windows

    PCを使用してプログラミングを行う際は『C-Style for Windows』をダウンロードしてください。C-Styleは定期的にアップデートされるので、極力最新版をご使用くださいますようお願いします。

    USBケーブル(A-B)

    USBケーブル(A-B)

    PCを使用してプログラミングを行う際は、ロボットとの通信にUSBケーブル(A-B)が必要です。お持ちでない場合は本機購入時に『付属する(+220円)』を選択してください。

    C-Style for iPad

    C-Style for iPad

    iPadを使用してプログラミングを行う際は『C-Style for iPad』をダウンロードしてください。iPadとの通信には専用の『Bluetoothモジュール』が必要です。

    BLUETOOTHモジュール

    Bluetoothモジュール

    本機にBluetoothモジュールを搭載することで、iPadを使用してプログラミングを行うことが可能になります。無線通信によってケーブルの抜き差しが不要になり、プログラミングと動作確認を手返しよく行えます。

    ボールキャスター

    ボールキャスター

    本機に標準搭載されているボールキャスター(後輪)と同一の商品です。標準の3輪に追加で装着することでを、床が平坦でない場所などの走行に安定感をもたらします。

    保守パーツ TTモーター(48:1)

    保守パーツ TTモーター(48:1)

    本機に標準搭載されているモーターと同一の商品です。万一の故障や配線が切れた際などは、こちらをお買い求めください。

    純正オプションパーツ

    α-Xplorer専用純正オプションパーツ 反射センサー

    反射センサー

    1,980円(税込)

    α-Xplorer専用の追加用反射センサーです。標準付属の反射センサーと併用すると、衝突回避(前向き)と落下防止(下向き)の動作を同時に制御することが可能になります。

    α-Xplorer専用純正オプションパーツ ホワイトラインセンサー

    ホワイトラインセンサー

    2,860円(税込)

    α-Xplorer専用の高感度ラインセンサーです。高輝度LEDを実装しているので、通常の反射センサーより高い精度で床の変化を感知します。

    α-Xplorer専用純正オプションパーツ タッチセンサー

    タッチセンサー

    1,650円(税込)

    α-Xplorer専用のタッチセンサーです。左右ふたつのタッチセンサーで衝突を検知することができます。

    東京書籍発行の中学校技術分野の教師用指導書に掲載していただいており、全国各地多数の小・中学校に教材として導入していただいております。

    教育機関における近年の採用実績
    横浜市立北山田小学校 横浜市立東山田小学校 横浜市立南山田小学校 横浜市立都田西小学校
    横浜市立吉原小学校 横浜市立川和小学校 横浜市立茅ヶ崎東小学校 横浜市立大豆戸小学校
    横浜市立つづきの小学校 横浜市立荏田南小学校 横浜市立勝田小学校 横浜市立池上小学校
    大阪市立南田辺小学校 大阪市立矢田北小学校 大阪市立矢田西小学校 大阪市立磯路小学校
    西宮市立全中学校 加賀市立全中学校 RoboRAVE International ほか多数

    教育機関向けサービス

    ダイセン電子工業は、2004年より教育用ロボットキットの開発から製造、販売を行っております。当時より日本橋社屋にて、子供向けのロボットプログラミング講習会を毎週のように行ってきました。他にもロボット競技会や各地のプログラミングイベント、近年では大阪の小・中学校を中心に出前授業や先生向けの研修なども多数させていただいております。それらの経験と知見を活かしたサービスを教育機関向けに行っております。是非お気軽にお問い合わせください。

    教育用ロボット無料貸出し

    教育用ロボット無料貸出し

    教育関係者様を対象に、教育用ロボットプログラミングキットの無料貸出を行っております。プログラミング教材をお探しの際は、是非一度弊社ロボットとプログラミングアプリの性能をお試しください。

    ロボットプログラミング出前授業

    ロボットプログラミング出前授業

    教育関係者様を対象に、ロボットとiPad(もしくはPC)を持ち込んでプログラミングの出前授業を行っております。キャリア教育の要素も含まれているとご好評いただいております。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

    本品に関連する商品

    関連商品

      $nbsp; $nbsp;

      PAGE TOP